時空間地理情報管理システムSTIMSのページへようこそ。
STIMS(Spatio Temporal Information Management System)とは埼玉大学工学部大沢研究室で開発されている地理情報システム(GIS)です。
従来のGISは時間に関する概念に関して、ほとんど考慮されていないものでした。 当研究グループは、こうした既存のGISの問題点を解消し、空間情報に加え時間情報を取り扱うことが可能な時空間地理情報システム(STIMS)を提案します。 地理情報システムに時間の概念を加えたSTIMSは、行政の施設管理、情報管理にはじまり、環境の遷移、マーケティング、教育、コミュニティの情報管理など、あらゆる分野での時空間データベースとしての運用が可能です。
STIMSの特徴
フリーソフトウェア
現在市販されているGISのパッケージソフトウェアは安価であるとは言いがたく、それゆえGISを利用できる環境が限られてしまう傾向にあります。 このソフトウェアはフリーソフトウェアとなっており、無償で利用することが可能です。 大学などの研究機関において、研究活動の補助手段としてGISを利用することができます。
トポロジー暗示型位相構造
現在、普及しているGISのほとんどは、トポロジー明示型と呼ばれるものです。 トポロジーとは、空間的要素の位置的、接続的関係を示すもので、トポロジー明示型は、地図データにおいて、このトポロジーをポインタや関係式などを用いて明示的に記述します。 このため、空間演算などにおいて、演算量を少なくすることが可能です。
しかしこの方式には、データの随時更新や、差分データの取り出しが困難といった問題点があります。 これは、前述の、「トポロジーを明示的に記述する」という構造が原因となっています。
そこで、本研究グループでは、トポロジー暗示型という新しい概念に基づき、STIMSを提案しています。 「暗示的」の言葉が示す通り、この方式ではトポロジーを明示的に記述せずに、空間演算などでそれらが必要となった場合には、演算によりこれを求めます。 これにより、演算量は増加してしまいますが、トポロジー明示型が持つ構造上の問題点を解決することが可能です。
さまざまな地図データフォーマットに対応
STIMSでは、汎用的なGISにおいて必要とされる情報を持った内部データフォーマット(STIMSフォーマット)を策定し、このフォーマット上でシステムの動作を行います。 このSTIMSフォーマットは完全に公開されるため、他のデータフォーマットからのインポートプログラムを容易に作成することができます。 STIMSのデータフォーマットは公開されていますので、ユーザー様のほうでコンバーターを作成することにより、以下に挙げる形式以外のデータにも対応することができます。
  • (財)日本地図センター刊行、JMCマップ(約10万分の1地勢図相当)
  • 国土地理院発行、数値地図 2,500(空間データ基盤)
  • 国土地理院発行、数値地図 25,000(空間データ基盤)(地理情報標準)
  • 国土地理院発行、数値地図 5,000,000(空間データ基盤)(地理情報標準)
  • J-時空間研究所、J-Mapple 1.0 形式
STIMSの機能 [Version 1.4]
  • 基本機能
    • 地図データの読み込み、表示
    • 無段階拡大縮小可能な描画機能
    • スムーズスクロールとスムーズズーミング
    • 範囲拡大
    • レイヤーごとの表示/非表示の切り替え
    • 凡例のサンプル表示
    • XMLにより管理された凡例と主題データ
    • XMLベースの凡例描画エンジン
    • 緯度経度の算出に対応(地図データの種類による)
    • 旗竿(スケール)の表示と直線距離の算出
  • 印刷機能
    • 範囲指定による印刷機能
    • 印刷プレビューの生成
  • 空間演算機能
    • 面復元
    • 最短経路探索
    • 最小木
    • ボロノイ図の作成
  • 編集機能
    • 各種地図オブジェクトの追加
    • 地図オブジェクトの時間設定
    • アーク(ライン)の分割
    • 編集のUndo
    • ロングトランザクションに対応した編集トランザクション
    • 時間設定
    • 差分スクリプトの生成
    • XML差分インポートならびにエクスポート[β]
  • データベース機能
    • ODBCによるデータベース接続
    • コネクタとの連動による空間検索
    • 属性情報の参照
    • バッファ検索
※データベースとの接続については、ODBCインターフェイスを用いて、PostgreSQL、MySQL、Microsoft Accessなどの汎用データベースとの接続が可能です。